#2 井沢楓

2023042712104100_c
2023042712104200_c
正捕手の座を得た若手。得点圏の強さと強肩は武器だが、実際は捕手としては並か。それでも若手にしてはかなり良くやっているが。
元ネタはアサルトリリィより楓・J・ヌーベル、またそのCVの井澤美香子。

#53 古川久義

2023042712104500_c
2023042712104501_c
多くの球団を渡り歩いてきたベテラン捕手。打撃はからっきしだが、多くの情報による巧みなリードで相手を惑わす。
元ネタはD_CIDE TRAUMEREIの主人公、古堅蘭堂とそのCVを務める菅沼久義。

#34 吉井結斗

2023042712104700_c
2023042712104800_c
天才的なバットコントロールで多くの人物の予想を裏切ったブレイク候補。1軍で出場機会も得て、ハイアベレージも残した。
元ネタはアサルトリリィより白井夢結。

#77 旭川刹那

2023042712105100_c
2023042712105101_c
ファーストのスタメンを獲得したスラッガー候補。2桁本塁打は達成したが成績はまだ納得できるものではなく、まだまだ成長途中。
元ネタはアルゴナビスより旭那由多。

#30 海野月

2023042712105300_c
2023042712105400_c
絶対的に試合を決める力を持つピンチヒッター。守備難と長打力不足が目立ちスタメンの機会は少ないが、存在感を見せつけた。
元ネタは多くのコンテンツに登場している真野拓実より(クラゲが好き)。こいつだけ連想ゲーム始まってるんよな。

#00 鶴田未来

2023042712110200_c
2023042712110201_c
自ら「00」のナンバーを志望したかつてのドラ1。右打なのに左投手に極端に弱く、また全体的に打撃成績が低下してしまった。
元ネタはバンドリより弦巻こころ、またそのcvの伊藤未来。

#31 宮川浩輔

2023042712110400_c
2023042712110500_c
代走・守備要員としてフルパワーを見せつける内野手。今年から別の宮川が入ったため姓+名に。二遊間のスタメン候補に名乗りを挙げられるよう、打撃を鍛えたい。
元ネタはアルゴナビスより界川深幸、またそのCVを務める宮内告典。

#22 氷山春生

2023042712110600_c
2023042712110700_c
鶴田の不調より空いたセカンドの座を一時的に奪いとった。打撃もある程度こなせ、かろうじて正二塁手にいるが来年以降どうなるか。
元ネタはバンドリより氷川紗夜、またCVの工藤晴香。

#5 小泉七海

2023042712110800_c
2023042712110801_c
チームを支えたスーパースラッガーも、急激に衰えが見え始め、思うような成績を残せず。来年以降はどのような成績曲線を描くのか。
元ネタはスタァライトより大場なな、またそのCVの小泉萌香。

#3 天野真白

2023042712111200_c
2023042712111201_c
正遊撃手として臨むもスランプに陥る。それでも夏頃に戻しはしたが、終盤は若松の台頭により定位置を奪われ気味に。このままでは終わらない。
元ネタはバンドリより倉田ましろ、またそのCVの進藤あまね。

#0 若松零生

2023042712111400_c
2023042712111500_c
ユーティリティに甘んじてきたが、粘り強くなんとかするバッティングでスタメンの機会を増加。来年以降の活躍も期待される。
元ネタはバンドリより和奏レイ。

#8 白川瑠維

2023042712111700_c
2023042712111800_c
昨年ブレイクのきっかけを掴んだものの、今年は伸び悩んでしまった。中堅の域に差し掛かり、あまりモタモタもしてられない。
元ネタはD4DJより白鳥胡桃、またそのCVの深川瑠華。

#61 中野島雷飛

2023042712112500_c
2023042712112501_c
新スラッガー候補。若くして勝負強いバッティングは多くのファンを虜にした。スタメンで試合を多く出られるようにしたい。
元ネタはアルゴナビスより神ノ島風太。

#7 星太郎

2023042712112800_c
2023042712112900_c
広大な守備範囲に対しての出力が限界に間に合わない外野手。打撃で少し成績を落とすも、ただでさえ広すぎる守備範囲はさらに成長した。なお故障癖。
元ネタはスタァライトより星見純那、またそのCVの佐藤日向(愛称の一つ、たろすけより)

#9 新田秀汰

2023042712113000_c
2023042712113100_c
まだまだ健在な打撃を見せるバットマン。守備面に衰えが見えるが、それでも取り返せるバッティングは魅力的。
元ネタはヴァンガードより新田シン、またそのCVの森嶋秀太。パワプロで言うと四条兄の声優さんです。

#90 ゴッドフリート・ライトナー

2023042712113300_c
2023042712113400_c
マイナーで.291、32発を放った助っ人外国人。日本への適応ができれば爆発的な成績を残すことも難しくないだろう。
元ネタはスタァライトより神楽ひかり。

#25 定岡憂岐

2023042712113700_c
2023042712113701_c
かつてのホームランキング。ケガもそうだがコンタクト能力の低下が著しく、なぜこうなったのか議論が交わされている。スラッガー不足のチームに奮起を。
元ネタはアサルトリリィより定盛姫歌。

#6 佐々木緑

2023042712114000_c
2023042712114100_c
前までの正遊撃手も、二塁コンバートで多少の出場機会を得た。まだまだ守備は軽快で、安打も渋いバッティングを見せている。
元ネタは多くのコンテンツに登場している声優、佐々木未来から。

#28 前山息吹

2023042712114400_c
2023042712114401_c
いい当たりを連発する内野手。だが正直ショートでは厳しい守備範囲になっており、コンバートが視野に入っている。
元ネタはD4DJより新島衣舞紀、またそのCVだった前島亜美。

#51 月島結渡

2023042712114600_c
2023042712114700_c
2軍で首位打者争いを繰り広げた若手。1軍にいた期間が少し長く使われもしなかったが、インパクト抜群。守備範囲を広げたい。
元ネタはバンドリ・D4DJで声優を務める渡瀬結月。

#55 伊藤優作

2023042712114900_c
2023042712115000_c
抜群の飛距離を広角に打てるスラッガー。だが、ミートが不安定になり打率を残せず。彼の復活なくして甲州の常勝化は難しいだろう。
元ネタはバンドリより市ヶ谷有咲(ゆうさく読み出来る)、またそのCVの伊藤彩沙。

#99 白渡麗斗

2023042712115200_c
2023042712115201_c
すっかり守備の人になってしまった高卒ドラ1。
打撃の改善が見られなければこのままの位置に収まってしまうが……
元ネタはバンドリより白金燐子、またD4DJより渡月麗。前までCVが共通していました。

#60 黒田徹

2023042712115400_c
2023042712115500_c
甘いマスクと眼鏡のドラフト候補として話題になったオールドルーキー。実力を兼ね備えて、決め手不足の正捕手争いに入れるか。
元ネタはアルゴナビスより黒川燈。

#27 伊志嶺凛生

2023042712115700_c
2023042712115800_c
巧打が武器の若手捕手。反面、肩が悪く他ポジションで活躍できるかも議題に上がっている。それ以外は1軍でも活躍できなくはないポテンシャルがある。
元ネタはアサルトリリィより宮川高嶺、そのCVの礒部花凛。

#12 鈴木海斗

2023042712120000_c
2023042712120100_c
ベテランとして主戦場を2軍に移した捕手。今年度限りでの引退が噂されており、技術面を若手に伝授していきたい。
元ネタはバンドリより海野夏希。

#66 織田平吉

2023042712120300_c
2023042712120400_c
ランナーに出ると何かを起こす高卒捕手。守備面も高卒捕手にしては上々で、掘り出し物として期待がかかる。
元ネタはD_CIDE TRAUMEREIより織田龍平。

#39 一条遥輝

2023042712120600_c
2023042712120601_c
堅実な守備に定評のある大卒ルーキー。長打力不足が懸念されているが、日米大学野球で大当たりを見せるなどメンタルの強さは随一。
元ネタはアルゴナビスより二条遥。

#35 谷直也

2023042712120800_c
2023042712120801_c
強烈な打球案を響かせるセカンド。故障での離脱さえなければスタメン争いに参加していただけに、むず痒い状況が続く。
元ネタはバンドリより桐ヶ谷透子、またそのCVを務める直田姫奈。

#23 高木忍

2023042712121000_c
2023042712121100_c
攻守どちらでも素晴らしいパフォーマンスを見せるドラフト1位。衰え始まるチームのレジェンド小泉からポジションを奪って見せるか。
元ネタはD4DJより犬寄しのぶ、またそのCVを務める高木美佑。

#65 的山誠司

2023042712121300_c
2023042712121301_c
高卒1年目とは思えない強烈なスイングを見せた三塁手。なおあまりの悲惨な守備がSNS上でプチバズしてしまった模様。そこの改善さえすれば強力な若手に。
元ネタはアルゴナビスより的場航海、またそのCVを務める前田誠二。

#10 宮川灯

2023042712121500_c
2023042712121600_c
支配下を掴んだスピードスター。50m走5秒7の瞬足とシュアな打撃で掴むは混戦模様の遊撃手の座。
元ネタはバンドリより高松燈、またそのCVを務める羊宮妃那。実は作ってるときにcvが確定してないので少し賭けしてた。

#36 諸積葵

2023042712121900_c
2023042712122000_c
無限の可能性を秘めたリードオフマン候補。守備にも改善が見られ、いよいよ期待の若手らしくなってきた。
元ネタはD4DJより三宅葵依、またそのCVを務めるつんこ。

#44 金沢寿之

2023042712122200_c
2023042712122300_c
身体能力の高さを2軍で見せた育成出身。貧打が解消されればすぐ1軍で使える逸材で、星がいない時のセンターを任せられる存在。
元ネタはバンドリより羽沢つぐみ、またそのCVの金元寿子。

#67 清原玲王

2023042712122600_c
2023042712122601_c
バッティングを自分のものにし始め、覚醒の兆しが見える若手。守備面もかなり良くなり、1軍で活躍する武器を増やし続けている。
元ネタはバンドリより鳰原令王那、またD4DJより清水絵空。どちらもCVが共通しています。

#37 加藤恋斗

2023042712122900_c
2023042712122901_c

1軍に主戦場を移し切りたい外野手。フレッシュな外野手が多く所属する中、得意の長打力をアピールしていけるかが鍵。
元ネタはアサルトリリィより飯島恋花。